メソッドマンがモブディープのハヴォックをプロデューサーに迎えたアルバムを制作中か。

来年50歳を迎えるWU-TANG CLAN(ウータンクラン)の主要メンバーであるMethod Man(メソッドマン)が、故Ol’Dirty Bastard(オールダーティバスタード)とProdigyに捧げるアルバム『Dirty P』をMobb DeepHavocと制作中とのニュースが舞い込んできた。

ウェブメディア『UPROXX』のインタビューで、『クリスタルメスてアルバムが出るって聞いてたけど、どうなってるの?』と聞かれると、それについては触れず『Havocと作っているよ。タイトルは『Dirty P』だ。ODBProdigyの名前からとった。制作は殆ど終わっている。とりあえずシングルを出す予定だ。まだリリース日は決めていない。』と語った。

昨年末にリリースした2人の共演作『SQUAD UP』も90年代のNY産ホラーコアを彷彿とさせる鬼ドープな曲だっただけに、かなり期待が持てそうだ。

00年代のMethod Manは、ややおちゃらけていた曲が多かったが、やはりこういうビートが最高にハマる。

先日200kgものバーベルをデッドリフトで持ち上げ、年齢を感じさせない若々しさを披露したMethod Man。制作面も順調のようだ。

https://www.instagram.com/p/B_3JMTwjmCK/?utm_source=ig_web_copy_link

続報が入り次第、追ってレポートをしたいと思う。