サクラメントの新星ラッパー、Brisが18歳の若さで銃殺される。

カリフォルニア州北部サクラメントをベースに活動する新星 Brisが、21日の朝、何者かによって銃撃され、警察と救急隊によって病院へ搬送されたものの、間も無く息を引き取った。(享年18歳)

サクラメントでは全国的なスターは多くないが、BrisはMozzyの次に全国区のアーティストになる事が期待されていた。

注目を浴び始めたきっかけとなったこちらの『Panhandling』はカリフォルニアのアップステート(州北部)の代名詞とも言えるHyphyなダークビート(クッソDOPE!)の上で、攻撃的なリリックを打ちまくるBangin Tune。当時17歳と言う事で幼さが残るが、ドスの効いたラップは貫禄すら感じる。

先週にはこちらの曲もアップしており、今後の活躍を見守れないと言う事が非常に残念なアーティストだ。

以前にも増して、多くのラッパーが命を落としているここ最近のUSシーン。
事態の鎮静化を祈るばかりだ。